スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
PRIDE GP!!
DSC01475.jpg


ちょっと、見てみて!仕事の関係で、「PRIDE GP 2006 OPEN-WEIGHT」を見てきました!なんと前から7列目!!!ホントサイコーでしたよ。

今回の大会は無差別級の4強が集まり勝者を決める、いわば人類最強の60億分の1人を決める訳ですわ。

その4強とはミルコクロコップ(クロアチア)、ヴァンダレイシウバ(ブラジル)、アントニオホドリゴノゲイラ(ブラジル)、ジョシュバーネット(アメリカ)の猛者たち。

他のカードもありましたが、この人達の試合はハンパじゃなかった!気付けば興奮して立ち上がり、大声を張り上げていました・・・。

ミルコとシウバ、ノゲイラとジョシュの勝者が決勝となったんだけど
どっちが勝ったかというと・・・
勝者はミルコ!シウバに圧倒的な強さを見せ、シウバの顔がボッコボコ!見ててかわいそうになるくらい・・・。ドクターストップが入ってシウバの右目を見てたんだけど、試合を止めそうな雰囲気・・・。シウバが地団駄を踏んで「俺はまだやれる!!」って必死にアピール。その思いが通じ何とか再開はされたけど右目の視界が奪われているシウバにミルコの左ハイキック!!シウバの脳天に直撃し、そのままダウンで試合終了!シウバはしばらく立ち上がれなかったね。

ノゲイラとジョシュは打撃の打ち合いからジョシュのパンチがノゲイラを捕らえノゲイラがダウン!寝技に持ち込むも両者決め手を欠き、2Rへ。寝技の攻防が続いて判定へ。寝技ではノゲイラが一歩リードしていたかと思ったけど最初のダウンがポイントに影響したんだろうね。2-1でジョシュの勝利!

さあ、決勝!判定まで戦ったジョシュと圧倒的な強さで試合を終わらせたミルコではハナッからミルコが有利に見えたね。お互い立ち技から寝技に持ち込まず打撃で試合を進めてたけど、倒れたジョシュにものすごいスピードでミルコが顔面を連打!・・でもジョシュはひるまない!何度か立会い、寝技の繰り返しをしたあと、寝技を返そうとしたジョシュにミルコが上からパンチの連打!それがジョシュの右頬に当たり、あまりの痛さにタップ!!ミルコがついに優勝!!

この日ミルコは誕生日!あの親父くささでなんと32歳!俺の1つ上かよ!とりあえずダブルでおめでとう!ミルコさん。

・・・個人的にはブラジル対決が見たかったけどね・・・。
旅行 | 2006/09/10(日) 23:48 | Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アントニオ・シウバアントニオ・シウバ(''Antonio Silva''、1979年9月14日- )はブラジル出身の総合格闘家。慎重195cm、体重140kg。アメリカン・トップチーム所属。ニックネームはペゾン(デカ足)。日本での呼び名は「ザ・ハイパーゴリラ」。4歳から始めた空手と柔術がバ
2007/03/11 Sun 09:27:00 | 格闘通信簿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。